グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

怖い「ワンチームハラスメント」-本当のワンチームとは

よく言われる言葉で、前向きな言葉ですが、ビジネスシーンで使われる度に「ちょっそれは違うのでは?」と感じる言葉があります。それは「ワンチーム」です。

2019年のラグビーW杯での日本の活躍で有名になった言葉ですね。

以後、ビジネスシーンでもよく耳にするようになりました。

誰もが知っていて伝わりやすいので、気軽に「ワンチームを目指そう」、「ワンチームが感じられない」、「ワンチームだよね」などの言葉で語られます。

ただ、この言葉は時として「会社のためだよね」、「困っているからやるのは当たり前」という言葉に聞こえます。「ワンチームハラスメント」ともとれるコワイ言葉です。

今回は「企業における本来のワンチームとは?」について考えてみました。

ビジネスでの「ワンチーム」の本質をきちんと理解し、「本当のワンチーム」を目指せす助けになればと思ってます。

ビジネスでの「ワンチーム」の使われ方

W杯でのチーム作りでの本来の意味は「一体感のある組織を目指す」、「チームが一つになって目標を達成する」です。

また、W杯チームメンバーが多国籍だったので、個々の多様性を活かしつつ、一つのチームになるという意味がありました。

ビジネスでは、成果を出すために「チーム一丸となって目標を達成する」どういう使い方が一般的でしょう。

今までも「一体感のある組織」や「一丸となって」という言葉は多く使われてきました。ラグビーの快挙でイメージがしやすいため、この言葉で「みんなで頑張るぞ!」的な体育会系スローガンが再燃した形ですね。

実際にW杯後、私もこのワンチームという言葉を社内で多く耳にするようになりました。

例えば、会社で追加の仕事がくることは日常茶飯時ですね。そんな場合、「いやー、残業続きだし、休暇もとれない状態で、これ以上の仕事はできません」と断ると、どこからともなく「ワンチームだよね・・・」という念仏が聞こえてきたりします。コノヤローと思いますね(笑)。

この場合、この言葉には「みんな困っているからやるの当たり前ですよね、残業?現場のことわかってます?皆さんどう思います?」という意図がひしひしと感じられます。

確かに気持ちはわかります。会社のためを思えばやるべき場合もあるでしょう。ただ、「ワンチームの本来の意味を理解して言っています?」と言いたくなります。

「ワンチームだよね」と言う人が「ワンチームの本質」を理解できていないことほど滑稽なことはありませんね。

 

企業とスポーツの「ワンチーム」は違う?

「一つの目的に向かって犠牲を払いつつ邁進する」と「関係者への貢献を継続して追求する」という点が大きな違いです。

ワンチームという言葉をビジネスシーンで正しく使うために、W杯での目的と企業の目的の違いをもう少し詳しく考えてみましょう。

一点目の大きな違いは 、「何を目標としているか?」です。

ラグビーは「W杯での勝利」というただ一つの目的にフォーカスしたワンチームだったことです。そのためにチームメンバーはプライベートなど多くを犠牲にし、勝利を目指しました。

企業でのワンチームの目的は売上を上げたり、マーケットで抜きんでた存在になる点では同じでしょう。ただ「ビジネスで勝つことが唯一の目的」ではありません。

企業の目的は多岐にわたっており、顧客の問題解決、株主への還元、従業員の満足度、社会貢献などが主な目的です

二点目の違いは「目標の期間」です。

ラグビーワンチームの活動は2019年のW杯という極めて短期間の目標に限定され、準備やリソースもその一瞬に最大化できるよう投入されてきました。

また、勝利というハードな世界での戦いのため、勝てる人材を太く短く育成します。「勝ってなんぼ」の世界です。

一方、企業のワンチームは活動の継続と成長を目的とします。サステイナブルという言葉も一般的になりました。これは事業活動だけでなく、全従業員の継続的な育成や活躍も含まれます。

このことから「ワンチームという言葉は同じでも、大きく目的とすることが違う」ことを理解する必要があります。

本来の「ワンチーム」の意味とは?

「ワンチームを理解する」ためのポイントは二つあります。

多様性:多様な価値観が存在する環境下で目的を達成するイメージができていることが大事です。企業の部署は、その部署に応じた目的・人員構成・働き方があります。プライベートの環境も様々です。このようなバラバラな個人やチームがつながることで企業経営は成り立っています。

覚悟:とはいっても問題に直面している人々を無下にするのは心が痛みます。この場合は対応できること、できないことを整理し伝える覚悟が大事です。 できないことを他人に強制したり、無理に引き受けたりするやり方では、本質的な問題は解決できません。

またワンチームを全面に出し、仕事を振ってくる人には真剣勝負で対応する必要があります。「私の部署のポリシーとしてはこれ以上はできません」と言える覚悟が必要です。嫌われますが、これが言えないと、振られてくる仕事を受けるだけの仕事人生になります

多様性や覚悟を持った対応は、少なからず会社で摩擦が発生します。しかし、あえて摩擦を起こし、継続的な対話を心掛ける姿勢がワンチーム作りに役立ちます。少なくとも「賛成はできないが理解できる」というところに落ち着くことができれば、ワンチームとして繋がっていくことができます。

まとめ-不完全なまま成長する「ワンチーム」

スポコンは元気がでますが、表面上のノリで「ワンチーム!」と連呼していると、ブラックワンチームにまっしぐらです。

企業活動とスポーツとは通じるところはありますが、スポーツと企業のワンチームは目指すところが大きく異なります。

スポーツは勝つことに対して多くの犠牲を強いりますし、参加する人々は犠牲を受け入れています。

企業は勝つことだけでなく、事業や人材の継続的成長や、社会貢献が求められます。企業は全員が違うに試合に出ているようなものです。

この点を理解しないと、ワンチームという聞こえのいい掛け声の下で、クレームの応酬など本末転倒な状況になってしまう恐れもあります。

 

企業におけるワンチームは多様性のもとに忍耐強く作られていきます。また、目的や考えが異なる部署が集まり、お互いを理解することでワンチームが創られていきます。

多様性を受け入れ、不完全ながらもその力を最大化し、環境の変化に適応し、成長するエコシステム的な考えが企業におけるワンチームですね。

そのためには覚悟も必要です。継続的な対話や意識的に摩擦を起こし、ぶれない姿勢で異なる価値観を繋げていく必要があります。

企業のワンチームは100%の一体化を求めていません。それは無理な話です。多様性による制約や摩擦が起きることも覚悟し、コミュニケーションを取っていくことが「ホワイトなワンチーム」への第一歩だと思います。

長い道のりですね。