グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

ビジネス

いつかやってくる「修羅場」を乗り越えるための本 -「ザ・会社改造」

「いつかやってくる修羅場とは?」 外資系に勤めていると良い点?の一つは「この職・仕事がいつまであるか分からない」とある意味で腹をくくれる環境にいるということですね。確かに外資でも日本では終身雇用制がまだ当たり前ですが、会社自体の存続も含めて…

弱者の戦略-普通の人の「ランチェスター戦略」

こんにちは。今回の記事は「弱者の戦略」ついてです。ここでの「弱者」とは私も含めて毎日の生活をよくしていきたいが、なかなか上手くいかない普通の人をあえて「弱者」と書いています。普通の人であることは全く悪くはないですが、否応なしに色々な意味で…

仕事は思っているよりは忙しくない?

皆さん「仕事は忙しいですか?」と聞かれたらどう答えますか? 私は「全然忙しくないですよ、順調ですよ」と答えたいのですが、ついつい「いやーいろいろありますね、忙しいです」と答えてしまいます。やたらと「忙しい忙しい」と連発している方もいますが、…

頼れる上司はどこに消えた?-「上司像の創り方」

こんにちは。以前、「中間管理職の仕事はなくならない?-新しいスキルへの展開」というタイトルで管理職になりたくない、という記事を書きました。これは裏を返せば「頼れる上司」がいないということになります。 しかしながら「理想の上司がいない」点は今…

自分をもう一押しする為に-自尊心の大切さ

皆さんはモチベーションの日々維持できていますでしょうか ほとんどの人が土日を除いた毎日会社に入っていると思います 仕事に関して言えば毎日10時間前後、毎週五日間、一年で250日、このような中でモチベーションを維持するのは大変ですね。 私も毎日モチ…

実践版!リベラルアーツの活かし方 役立つスキルへの展開

こんにちは。前回の記事「学問と実践をつなぐリベラルアーツ」でリベラルアーツとそのリテラシー(Literacy:理解・解釈・利用できる能力)を高める重要性について発信しました。リベラルアーツは思考停止に陥らないための重要な学問・教養であり 、経験、実…

無慈悲な英語会議-グローバルトレンドを理解する

こんにちは。今回は「無慈悲な英語会議」という題材でグローバル会議のトレンドを考えてみたいと思います。無慈悲な会議といっても英語が通じなくて無視されるという意味ではなく、外資系の今時の会議と傾向についてです。従業員を一度に集めて行う会議を “T…

あなたの時給は? 自分の価値の判断材料として

皆さんはご自分の時給を計算ことはありますでしょうか。アルバイトの時と違って社員になると給料の額面は結構気になりますが、 自分の時給について考える機会はあまりないと思います。人間は絶えず機会の最大化を狙いますので、少しでも効率よく稼ぎたいとい…

プロですよね?-あなたの答えは?

今日は「プロですよね?」という言葉について考えてみたいと思います。実はこの言葉は私が10年ほど前に会社の同僚から言われた言葉です。その時は会社の組織再編成で別の部署で担当者がいなくなったため、私の部署に仕事が回ってきました。結構大きなスコー…

ビジネス現場での戦いの作法|バトルしてきました!

こんにちは。以前「あなたの本当に戦うべき相手は?」という記事を書きました。これは自分の戦う相手の本質を見極め、不必要な戦いは避け、必要と思われる戦いに労力と時間を注ぎ込むと言う趣旨の内容です。もちろん戦う相手は人ではなくて事柄あったり、自…

中国・インドのグローバル人材-英語の見出しから広がる話

今回からは単にニュースの解説ではなくニュースの見出しから英語、思考などに関する話題に展開していきたいと思います。今回は「中国・インドのグローバル人材」についてです。 今回のきっかけになった記事 CNNからの見出しです。 China and India have fuel…

あなたの本当に戦うべき相手は? マインドセットの前に

過去のブログでマインドセットの科学的効果、実践、メッセージについて続けて紹介してきました。今回はマインドセットを試みる時に何を対象にするかという重要なポイントについてお伝えしたいと思います。もちろん身近なことにもマインドセットは応用できま…

マインドセット実践編 マインドセットの価値を最大限に活かすために

こんにちは。前回の記事では「成功の為のマインドセット」という題でマインドセットを促すシンプルなメッセージを紹介しました。今回はマインドセットの威力を最大限に引き出すための自己流の実践法についてです。マインドセットに関する英語動画は次回の記…

英語ニュースの見出しで英語と世界を知ろう!「在宅勤務で燃え尽き?」 CNN April 20, 2020

最近は特にコロナウィルス関係でだいぶ働き方も変わってきたと思いますが、その1つに在宅勤務がありますね。在宅勤務は少し前までは多くの人にとって無縁の世界でしたが、最近は多くの方が在宅勤務を始め、自分の持っていたイメージと違うことに気づいた方も…

「Amazon CEO は何を思うか - 後半」Amazon CEO Jeff Bezos on The David Rubenstein Show

こんにちは。では、前回に引き続き Amazon の CEO ジェフベゾスインタビューの後半です。後半は彼の人生と信条、Amazon のビジネスにまつわる諸々の話題について話しています。彼がどのような信条をもってどの様な人生を歩んできたか伺い知ることができます…

「Amazon CEO は何を思うか」Amazon CEO Jeff Bezos on The David Rubenstein Show

前回のブログで「朝4時に起きなさい!」という記事を紹介しましたが、その動画では朝早く起きている成功者たちが紹介されていました。GAFAのCEO達もGoogle以外は入っていましたね。Amazon のCEOのJeff Bezos(ジェフベゾス、以下ベゾス) も入っていました。…

おすすめ書籍「1 on 1 マネジメント」 部下にも上司にも役立つ1 on 1ミーティング

本日はキャリア開発・目標設定の社内面談に関する本「1 on 1マネジメント」を紹介したいと思います。1 on 1はシリコンバレー発ともいわれていますが、日本でもYahooをはじめ有名企業も多く導入しているようですね。本もたくさん出ています。「個人面談」とい…

TED Talksで学ぶ英語とこれからの「動機付け」について

今日はTED Talksよりダニエルピンクさんの「Suprising Science of Motivation」(やる気に関する驚きの科学)を紹介したいと思います。ここでのScienceとはBehavioral science(行動心理学)で、社会行動心理学とモチベーションのつながりを紹介したTED Talks…

英語ニュースで学ぶ「日本の働き方改革について」

今日はYoutube に投稿されている”Why does Japan work so hard?””というニュースについて紹介したいと思います。CNBC NEWS Explain という媒体です。アメリカ系のメディアで日本では「日経CNBC」により放送されているようです。ニュースなのでよくまとまって…

グローバル人材に必須な哲学思考 「武器になる哲学」の紹介

今回は英語ではなく、グローバル人材に必須の哲学的思考法の本を紹介したいと思います。山口周さんの「武器になる哲学」です。この本は読み物としても面白く、ビジネス書としても役に立つとてもいい本です。 武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想…