グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

思考

プログラミング思考とは?-本質とアプローチについて

プログラミング思考とは「問題をロジカルに考えて解決する思考」です。プログラミン思考の本質と子供や大人がどのようにアプローチしていくべきかを考えてみます。

DX時代の文理格差 − 文系は生き残れるか?

デジタル時代では新しい理系・文系という格差社会が生まれるのでしょうか? 今回はこれから加速するデジタル時代で文系が生き残る術をお伝えします。 今は就職にも理系が有利な世の中となっています。 また、ビジネスでもデジタルトランスフォーメーション(…

DXという黒船―ホワイトカラーの仕事はなくなるか?

DX(デジタルトランスフォーメーション、以下「DX」)という言葉をニュースやビジネス雑誌でよく目にするようなりました。多くの方々はDX の意味を「デジタル化によって社会をより良くする」と捉えていると思います。ただ、ビジネスパーソンの皆さんは DX に…

エグゼクティブサマリーみにる「効果的レポート術」

「エグゼクティブサマリー」”Executive Summary” は日本では「事業計画書」と呼ばれることが多いレポート形式です。目的は ビジネスプランやプロジェクトについて投資家やマネジメント層(経営層)へ「判断に必要な情報(要点)」を報告するためです。 情報…

カルチャーショック免疫を上げる-「違い」を受け入れて楽になる話

前回の記事で多様な価値観、つまり「それぞれの人や組織が何を大切にして行動をしているか」について身近な例で考えてみました。また、多様な価値観を理解するコツとして「1. 多様な価値観について自問自答する」、「2. 違いに対する理解を促進する」、「…

置いてきぼりにならないために-身近な例で考える「多様な価値観」

このブログでは「多様な価値観」というキーワードが何度も出てきますが 、自分で書いていて宗教的だと思う時もあります(笑)。これには原体験があり、30年前の中国留学、アメリカでの10年ほどの滞在経験がベースになっています。その後、日本で仕事して…

インターナショナルスクールの理念に見るこれからの人材-お家でできることもある

「インターナショナルスクールの教育」と聞いても多くの人は自分とは全く関係のない教育と思うでしょう。私にも直接的に全く関係ありません笑。特に費用の問題で完全に私の家庭のオプションには入っていません。 普通の人の日常と関係のないインターナショナ…

自分の人生と向き合うための物語作り-2つのリアルなアプローチ

「人生はかりそめ(その場限り、はかない)の旅」という寂しい表現もありますが、「かりそめ」であればなおさら楽しく生きたいものですね。新しい年が院隠滅滅な新型コロナウィルスと共に始まったので、なおさらそう思う方は多いと思います。 このブログで「…

RPGの疑似体験で自分を再発見する話ー価値観と強み

多くの人が今年こそは頑張るぞ!と色々な計画を立てていると思います。そこで王道なアプローチとなってくるのが「自分の価値観を知り、強みを生かすことで成長する」ですね。価値観がわかれば他者とは違った、自然体のユニークな人材になれますし、自分の強…

新しい自分になるためのグローバルマインド

1年前の自分と今の自分を比較して何が違うでしょうか?1年前に自分が何を考え、何をしていたかを思い出すことは結構難しいです。ギターデュオ ゴンチチのゴンザレス三上さんが彼の座右の銘として「昨日の自分と今の自分は別人」と言っていました。1年前より…

ロコグローバルな「品格」とは?-【気概・自己尊厳・行規範・実行力】

今回は年末も迫ってきましたので、品格について考えたいと思います。「日本という国家、日本人の品格が失われつつある」という話はよく耳にしますね。ただ、このように何となく使いやすい言葉で批判したりていると、自分で「わかっているように」感じますが…

考える体質をつくる思考スキル

ロコグローバル人材(ローカルベースのグローバル人材)として成長する方法の一つにスキルの習得があります。ただ、ビジネスにおけるスキルの価値観が多様化するにつれ、スキルも多様化しています。このような状況ではスキルを計画的に、かつ時間をかけず効…

あなたの大切な人は?-自分を大切することのススメ

「あなたは誰が大切ですか?」 と聞かれたら何と答えるでしょうか。 自分の家族、パートナー、友達など色々な答えが予想されます。 中には「大切なのは自分」回答された方もいると思います。その場合、その人が利己的なのでしょうか。 ”Me ファースト!”のよ…

誰にでもできるアンガーマネジメント

今回は人生や仕事で避けては通れないアンガーマネジメントの必要性をマインドフルネス思考と関連づけて考えてみます。 アンガーマネジメントは日常に溢れている ”Anger”(怒り)をどう管理するか」というスキルです。アンガーマネジメント関連の書籍も多く、…

今の時代を味方にする簡単な方法-考えるだけ

以前「VUCAの時代-あなたなの仕事は何年続く?」というタイトルで「先行きの見えない時代はいつの時代でも同じであり、五感やリベラルアーツなどを含む基礎的な人間力が大事」という記事を書きました。つまりどの時代でも想定しない問題がいろいろ起きるの…

月曜の朝の為のモチベーション-毎日が卒業式

朝からモチベーションを上げるのは大変ですね。例えば月曜日。1年はあっという間ですが、月曜は毎日永遠に繰り返される宿命のような気もします。 そんな時は気分を盛り上げるために好きな音楽を聴いたりすると思いますが、どうせなら「自分が変われること」…

ビジネス系 YouTuberの春秋戦国時代

このブログは生き方やビジネスに役に立つ思考・スキルをささやかながら提供しようという思いで書いていますが、最近はビジネス系の情報発信は非常に盛んですね。その中でも YouTube によるビジネス系動画配信をしている人たちはビジネス系 YouTuber と呼ばれ…

あなたはグローバルの一員?-大人の対応

外資系に勤めていると、「ダイバーシティを促進してください」、「従業員満足度調査に回答してください」、「社会貢献活動を何かしてください」、「安全衛生意識向上の活動をしてください」などなど流行りモノから、定番モノまでいろいろな活動の指示がさら…

みんなで考えるダイバーシティ&インクルージョン

最近日本でも「ダイバーシティ」または「ダイバーシティ&インクルージョン」という言葉がよく耳にするようになりました。ダイバーシティは「多様性」、インクルージョンは「受け入れること」ですね。しかし、この「ダイバーシティ&インクルージョン」はなん…

グローバルな人材とは?-大前研一さんに叱ってもらおう!

このブログのテーマは「ロコグローバルな(ローカルにいながらグローバルに通用する)人材」です。ちょっと小難しく、上から目線と感じるかもしれませんが、自分自身に「普通の人とグローバルをつなぐ人材なるために成長しよう」というきっかけから始まって…

ビジョン・ミッションとは?ー人生プランを言語化する

前回のブログの記事「プロジェクトチャーターを作ろう!」で目的や目標について簡単に解説しました。ただ、目的や目標がキチンと自分自身で定義されていないとプロジェクトチャーターに書き込むのは難しいですね。目標、目的はいろいろな定義がありますが、…

自己啓発マニアで終わらないたに-自己啓発本読み方

「思考は現実化する」は私の好きな言葉の一つです。この言葉はナポレオン・ヒルの自己啓発本のタイトルでかなり昔の本ですが、「引き寄せの法則+ビジネスマインド」の良書です。豊富なエピソードと共に成功の心得を紹介しています。人生全般に役立ちますが…

いつかやってくる「修羅場」を乗り越えるための本 -「ザ・会社改造」

「いつかやってくる修羅場とは?」 外資系に勤めていると良い点?の一つは「この職・仕事がいつまであるか分からない」とある意味で腹をくくれる環境にいるということですね。確かに外資でも日本では終身雇用制がまだ当たり前ですが、会社自体の存続も含めて…

モヤモヤを優しく解消していくジャーナリングのすすめ

今回はモヤモヤを優しく解消してくれる「ジャーナリング」という役に立つツールを紹介したいと思います。ジャーナリングという言葉は耳にしたことがあると思いますが、日記のようなものですね。ただ日記と違うのは、日記が毎日の出来事を記録する作業である…

懐かしの「マイブーム」で完成を鍛える-誰にでもできる差別化

前回の記事「弱者の戦略」では普通の人の「差別化」の方法について「人の嫌がることをやる」などについて書きましたが、差別化を産生むためのもう一つの方法として、発想力・想像力を鍛えるという方法もあります。 発想力・創造力を鍛える方法はジャーナリン…

仕事は思っているよりは忙しくない?

皆さん「仕事は忙しいですか?」と聞かれたらどう答えますか? 私は「全然忙しくないですよ、順調ですよ」と答えたいのですが、ついつい「いやーいろいろありますね、忙しいです」と答えてしまいます。やたらと「忙しい忙しい」と連発している方もいますが、…

自分は人生地図ではどこまできたか?-まだパッキングしてます

「我々はどこから来たのか、我々は何者か 我々はどこへ行くのか」というゴーギャンの有名な絵画がありますが、一度は目にしたことがある方も多いと思います。このような問いかけに対して真剣に考えているとメンタルがやられそうですが、人生は旅と言う感覚を…

普通のサラリーマンにイノベーションは起こるか?

こんにちは。最近はイノベーションという言葉をよく聞きます。イノベーション(革新)という言葉は、前回の記事で書いたVUCAと違ってポジティブな響きですが、「イノベーションを起こしていかないと我々は生き残れない」というような位置づけで使われていま…

休暇明けのストレス軽減方法-すぐできるマインドフル瞑想

お盆休みもそろそろ終わりに近づいてきましたね。皆さんは休暇を満喫されましたでしょうか。ただ、会社勤めの多くのは頭や心が既に「鬱々ード」になっている方も多いかもしれません。 今日はその鬱々した気分をできるだけ軽くし、休みを楽しみ、月曜からいい…

中小企業で1on1をやってみた-1on1のリアル

ビジネスにおける1on1ミーティング(以下「1on1」)という言葉はご存知でしょうか?そのまま訳せば「個人面談」となり、どこの会社組織でもやっていると思います。ただ今の1on1といえば「部下のやる気、潜在能力を引き出す部下のためのミーティング」として…