ロコグローバルパーソン

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

生き方

ロコグローバルパーソン再考4-「自分に何が必要か」を分析する

グローバルで活躍するためのキャリアプランを作るためには、外部環境や自己分析の要因を組み合わせてSWOTクロス分析でアクションプランを導きだす必要があります。今回はその具体的な方法を紹介します。

ロコグローバル人材再考3-求められる人材と提供できるスキル

ロコグローバル人材を目指すためには、グローバルがどんな人材を求めているのか、自分がどんな価値を提供するのかを客観的に分析する必要があります。そのための分析環境分析(PEST)と自己分析(SWOT)の方法を紹介します。

ロコグローバルパーソン再考2- 実体験を通した危機感

ロコグローバルパーソンというグローバル人材についてメッセージを発信するいたった「実体験を通した危機感」について紹介しますです。「海外の普通のリアル」がこの記事を読んで伝わり、みなさんの気持ちとシンクロすれば、いまからロコグローバルの一員で…

ロコグローバルパーソン再考-普通の人達がグローバルで活躍する時代

ロコグローバルパーソンとは「ローカルにいながらグローバルで活躍できる人材」という意味で作った言葉です。好むと好まざるとにかかわらず、我々普通のビジネスパーソンがグローバルで戦うべき姿を再考しました。

自分へのご褒美-ほめる振り返り

1年を振り返る時はどうせなら「できたこと」にフォーカスし、自分へのご褒美として自分をほめて上がげましょう。自分をほめることで1年の振り返りが次へのポジティブな気持ちにつながるとおもいます。

怖い「ワンチームハラスメント」-本当のワンチームとは

「ワンチームで行こう!」。ラグビーW杯以降ビジネスシーンでもよく聞きます。ただ、企業でのワンチームはスポーツのそれとは大きく異なります。ワンチームハラスメントにならないための「企業での本来ワンチーム」について考えてみます。

増え続ける仕事の処方箋-Job Description

「この業務もお願いできないでしょうか?会社が大変なので・・・」と仕事は増えるばかりです。対応できればいいですが、リソースは限られています。そんな依頼にロジカルに対応する処方箋としてジョブデスクリプション(Job Description)を効果的に使う方法…

「なりたい」で実現するグローバル人材-ロコグローバル人材実現

日本や個人がグローバルなビジネス市場で生き残っていくためには何が必要でしょうか?日本では「人材」という育てることのできる資源があります。ローカルにいながらグローバルで活躍できる人材になるための「なりたい」理論を紹介します。

不満で毎日を終えないために-成長につながる二つの理論

不満があるのは悪いことではないですが、人生や毎日が不満モードに染められないようにすることが大事ですね。マズローの「自己実現理論」とハーズバーグの「二要因理論」を使って不満の出所を整理し、解決への糸口を見出しましょう!

自分の人生に言い訳しないために-80対20の法則

「毎日バタバタしてしたいことがなにもできない!」、「そもそも人生にとって何が大事?」と悩んでいる方に「80対20の法則」はおすすめです。自分が時間をどう使っているかこの法則で可視化し、自分の人生と向き合うきっかけを作ってくれます。

就職・転職に役立つ外資系の流儀-特徴・適性・スキル流儀

就職・転職に役立つ外資系の特徴・自分との適性・学べるスキル流儀をまとめてみました。外資系企業を経験しすることでグローバルビジネス人材として踏み出しましょう。

日常から始める自分らしい働き方-3つのコツと4つのメリット

自分らしい働き方は何でしょうか?自分探しの前に、今からでもすぐできる「今の働き方を見直すコツとメリット」をお伝えします。

カルチャーショック免疫を上げる-「違い」を受け入れて楽になる話

前回の記事で多様な価値観、つまり「それぞれの人や組織が何を大切にして行動をしているか」について身近な例で考えてみました。また、多様な価値観を理解するコツとして「1. 多様な価値観について自問自答する」、「2. 違いに対する理解を促進する」、「…

置いてきぼりにならないために-身近な例で考える「多様な価値観」

このブログでは「多様な価値観」というキーワードが何度も出てきますが 、自分で書いていて宗教的だと思う時もあります(笑)。これには原体験があり、30年前の中国留学、アメリカでの10年ほどの滞在経験がベースになっています。その後、日本で仕事して…

自分の人生と向き合うための物語作り-2つのリアルなアプローチ

「人生はかりそめ(その場限り、はかない)の旅」という寂しい表現もありますが、「かりそめ」であればなおさら楽しく生きたいものですね。新しい年が院隠滅滅な新型コロナウィルスと共に始まったので、なおさらそう思う方は多いと思います。 このブログで「…

RPGの疑似体験で自分を再発見する話ー価値観と強み

多くの人が今年こそは頑張るぞ!と色々な計画を立てていると思います。そこで王道なアプローチとなってくるのが「自分の価値観を知り、強みを生かすことで成長する」ですね。価値観がわかれば他者とは違った、自然体のユニークな人材になれますし、自分の強…

New Year’s Resolution-新年の抱負の決め方

前回の記事「欧米に見る新年の抱負」に引き続き、今回は新年の抱負の決め方を紹介します。より達成しやすく、充実した新年の抱負を設定することで、人生やキャリアの中長期プランとしっかりアライメントが取れるようになります。まだ新年の抱負が決まってな…

欧米に見る「新年の抱負」-ワクワクできますか?

多くの方は年末年始の休みに入っていると思います。散歩してても朝の風景や光が違って見えますね。マインドによって見え方が変わるとという好例です。 今回は「英語で考える」新年の抱負(自分の人生をよりよくする決意・計画)についてです。このブログのテ…

新しい自分になるためのグローバルマインド

1年前の自分と今の自分を比較して何が違うでしょうか?1年前に自分が何を考え、何をしていたかを思い出すことは結構難しいです。ギターデュオ ゴンチチのゴンザレス三上さんが彼の座右の銘として「昨日の自分と今の自分は別人」と言っていました。1年前より…

「導く」子育て

「大変でかつ難しいが、楽しく意味のあること」と尋ねられたら何と答えるでしょうか。子育てをしている、または経験にした人にとっては「子育て」を一つの答えとして思い浮かべる方も多いと思います。しかし、小さいお子さんがいる働くおかあさん達は、どう…

ロコグローバルな「品格」とは?-【気概・自己尊厳・行規範・実行力】

今回は年末も迫ってきましたので、品格について考えたいと思います。「日本という国家、日本人の品格が失われつつある」という話はよく耳にしますね。ただ、このように何となく使いやすい言葉で批判したりていると、自分で「わかっているように」感じますが…

あなたの大切な人は?-自分を大切することのススメ

「あなたは誰が大切ですか?」 と聞かれたら何と答えるでしょうか。 自分の家族、パートナー、友達など色々な答えが予想されます。 中には「大切なのは自分」回答された方もいると思います。その場合、その人が利己的なのでしょうか。 ”Me ファースト!”のよ…

誰にでもできるアンガーマネジメント

今回は人生や仕事で避けては通れないアンガーマネジメントの必要性をマインドフルネス思考と関連づけて考えてみます。 アンガーマネジメントは日常に溢れている ”Anger”(怒り)をどう管理するか」というスキルです。アンガーマネジメント関連の書籍も多く、…

今の時代を味方にする簡単な方法-考えるだけ

以前「VUCAの時代-あなたなの仕事は何年続く?」というタイトルで「先行きの見えない時代はいつの時代でも同じであり、五感やリベラルアーツなどを含む基礎的な人間力が大事」という記事を書きました。つまりどの時代でも想定しない問題がいろいろ起きるの…

月曜の朝の為のモチベーション-毎日が卒業式

朝からモチベーションを上げるのは大変ですね。例えば月曜日。1年はあっという間ですが、月曜は毎日永遠に繰り返される宿命のような気もします。 そんな時は気分を盛り上げるために好きな音楽を聴いたりすると思いますが、どうせなら「自分が変われること」…

長期休暇のススメ あなたは休む人?休まされる人?

年末が近づいてきました。年末年始の休暇は大企業であれば一週間以上ありますね。中小企業であればもう少し短いのかもしれません。どちらにしろ楽しみですね。今回は「ロコグローバルパーソンが長期休暇で何をするか?」について考えてみたいと思います。年…

「ふつうの人」が「できる人」から何を学ぶか?

ビジネス書やビジネス雑誌に登場する方々のプロフィールを見て、全く別の世界の住人と感じる人も多いと思います。これらの本や雑誌に登場する方々の多くが有名大学・大学院を卒業し、大企業や有名コンサルを経て、「一旦全体どうしたらこんなキャリアを歩め…

ビジネス系 YouTuberの春秋戦国時代

このブログは生き方やビジネスに役に立つ思考・スキルをささやかながら提供しようという思いで書いていますが、最近はビジネス系の情報発信は非常に盛んですね。その中でも YouTube によるビジネス系動画配信をしている人たちはビジネス系 YouTuber と呼ばれ…

みんなで考えるダイバーシティ&インクルージョン

最近日本でも「ダイバーシティ」または「ダイバーシティ&インクルージョン」という言葉がよく耳にするようになりました。ダイバーシティは「多様性」、インクルージョンは「受け入れること」ですね。しかし、この「ダイバーシティ&インクルージョン」はなん…

グローバルな人材とは?-大前研一さんに叱ってもらおう!

このブログのテーマは「ロコグローバルな(ローカルにいながらグローバルに通用する)人材」です。ちょっと小難しく、上から目線と感じるかもしれませんが、自分自身に「普通の人とグローバルをつなぐ人材なるために成長しよう」というきっかけから始まって…