グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

TED Talksで学ぶ英語と「やりたい仕事の見つけ方」

今日のTED TalksのプレゼンテーションはHow to find and do work you loveです。タイトルと通りどうやって理想の仕事を見つけるかの話です。エネルギッシュかつ生き生きとしていてテンポもよいですね。話すスピードとテンポが早いので圧倒されますし、聞きなれない言い回しもや単語も多く、結構難しいですね。私も何回か聞いても細かいところまではわかりませんでした。しかし話の趣旨自体は比較的分かりやすいので、「結構聞き取れなくてもめげずに要点を抑える」練習にはなると思います。冒頭の成功のためのフレームワークの話、なぜ自分の好きな仕事を出来ないか、好きな仕事をする為に何をすべきか?の三つの要点を抑えることが出来れば十分と思います。身近に感じる話も多く、モチベーションも上がると思います。では聞いてみましょう!

 

YouTube

いかがでしたか?三つの要点がだいたい掴めたでしょうか。では解説していきたいと思います。

 

好きな仕事を見つけるために必要なこと

 

まず最初に”80% of people don’t enjoy their work”(1:00)という話から始まります。日本でも同じくらいかもっと高いかもしれません。少なくとも私も含めて周りで仕事が大好きという人はいませんね。では自分の理想の仕事を得るためにどうするかということですが、まず自分を理解する事が大事だと言っていますね。Becoming a self expertですね。If you don’t know what you are looking for, you never going to find it.  もし〜なら〜だろの典型です。次にフレームワーク、つまり羅針盤として3つのポイント挙げてくれています。1. Unique strength, 自分の強みを知ること、2. Value, 自分の価値観を知ること、3. Experience, 経験に従って考える事ですね(3:00)。これらがハッキリすれば自分にとっての成功が何か分かる、Define your success と言ってます。二番目のValue , 価値は自分が何に重きを置くかです。家族なのか、お金なのかなどですね。3つ目のExperience, 経験は他のTED Talksでも話されていますが、日記などをつけて何がよくて何が悪かったか振り返ったり、何にinspire, 元気づけられるかなどを内省することです。こうすることで自分の求める価値観に気づくキャンスを多くしていく、というアプローチです。この方法はジャーナリングなどと呼ばれていてアメリカでも日本でもよく聞きますし、この経験を振りることの重要性は1on1ミーティングのやり方でもよく言及されています。

 

 

いったい何が行く手を阻んでいるか?

 

そうは言っても簡単には変われない、自信もないと多くの人は感じます。彼は二つの理由をあげています。They tell themselves they can’t do, People around you tell them they can’t do (7:00)。それは無理だよ、と自分自身や周りから言われる、みなさん経験ありますね。例として出されている4 munits mileの話はいろな人が思い込みの打破やマインドセットについて引用していますが、無理と思われたことでも一旦達成するとそれが普通になる、という事ですね。How you would have approached your world dodferent way, と言っています。見方を変えることは大事ですね。

 

では何をすべきか?

 

ズバリ環境を変えるとことが大事だと言っています。People around you matter, and environment is everythingといっています(11:00)。周りの人や環境を変えるべき、と言っています。彼の仕事は最初全く上手くいっていなかったようですが、サンフランシスコに移住してから大きく物事が回り始めたようです。というのも彼の友達がブログを週二回書くことで八人の家族を養っている人の話が出ていますが、こんな人が周りに普通にいる環境に身を置く事で活路が拓けたようです。確かに周りに仕事を楽しんでいる人たちかたくさんいたらリアリティーが出てきますね。環境は完全に自分のコントロールにあるということで、They are 100% Inoue control と言っています。コントロールできるのは自分自身であり、イマジネーションであるということで話を締めています。

 

笑のポイント

 

最初にウォーレンバフェットの履歴書についてのコメントを引用していますが、面白い表現です(1:00)。また、彼がサンフランシスコベイで泳ぐチャレンジをするときに、一緒に参加していたお友達からのアドバイスが笑いを誘います(10:00)。物事の見方は歳とか経験は関係ないようです。

 

役に立つ英語

 

What worst thing happen to you?(8:00): サンフランシスコベイの遠泳の話でお友達のコメントはジティブでよく使われる表現ですね

 

Blew my mind(12:00): 「ぶっ飛んだ」という意味でよく使われます。口語英語ですね。

 

I was unbelievably inspired (12:00) : は本当によく使われますし、我々にも使えそうです。とにかくモチベーションの話ではInspire は頻出です。

 

数字の表現ですが、Grew by 10times, in another 12 months, grew by 160 times (13:00)のようなシンプルな表現ですが、ビジネスでも使えそうです。

 

まとめ 自分にコントロールできる人生

 

このプレゼンの最大のポイントは人生か自分にコントロールがあることを理解して環境を変えることだと思います。現状の多くはなかなか変えれないものがあります。そこで疲弊するよりも別な環境な変えることにエネルギーを使った方が良いこともあるかもしれません。ただし転勤とかコミュニティーとかは日本の社会的に変えるのが難しそうです。ただ彼のフレームワーを理解し、実践することで、一点集中突破をする活路が開けるかもしれませんね。ジャーナリングは私もやっていますが役に立ちます。活路が見えたかはまだまだですが。最後に引用されているガンジーのコメントは人生にも日常の出来事にも当てはまりそうですね。以上、TED Talksで学ぶ英語と「やりたい仕事の見つけ方」でした!