グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

英語の見出しで世界と英語を知ろう!「中国マクドナルドの黒人差別?」April 15, 2020

 こんにちは。今日はUSA TODAY から中国のマクドナルドの話です。やはりコロナウイルス関連の記事になりました。今回は英語は簡単だと思いますが、興味深い内容でしたので紹介します。

McDonald's issues apology after China restaurant bans black people

 

www.usatoday.com

 「中国のマクドナルドレストランで黒人の来店を断った看板がだされ、このことでマクドナルドが謝罪した」となります。”ban”は「禁止する」ですね。”ban” は組織や行政的に禁止するニュアンスで、私の会社でもコロナウィルスにより”Travel Ban"(出張禁止)発令されています。一店舗がその時にサービスを”refuse”(断る)のではなく会社としてというニュアンスが強いですね。

 ただこの見出しだけですと組織的かつ差別的に禁止したというように受け取られますが、もう少し記事を読んでいくと、ちょっと様相が違ってきます。記事の最後にはこのように書かれています。

Five Nigerians tested positive for coronavirus in the city, reported the Morning Post, which has the largest population of African migrants in all of Asia.

「Guangzhou(広州市)のエリアで5人のナイジェリア人が陽性と診断さた。またアフリカ移民がアジアでも最も多いエリアである」とあります。

 また、前後しますが、記事の中盤には下記のように書かれています。

The message on the sign, the statement said, is "not representative of our inclusive values." McDonald's also said the branch’s employees and managers will undergo "values" training.

 「このメッセージは我々(マクドナルド)全体を代表するものでもない」とステートメントを出されており、さらにこの店舗の支店長や従業員のValue Trainingをすると述べられていて、一部の判断によってされたことを示していますね。”Inclusive”(包括的)はちょっと訳すのが難しいですが、”Inclusion”, “Inclusive”は会社の “Value”(価値観)を表現するためによく使われます。最近のビジネスの流行りです。「いろいろな人が参加し、それを受け入れる」という価値観ですね。また「価値観や人種を受け入れる」というダイバーシティとセットで使われることが多いですが、私の会社もこの二つは重要な価値観とされています。

 

この記事の全体像としてはやはり中国が黒人を差別しているということをメッセージとして配信したいのかな?という気がします。裏を返せばアメリカでの黒人差別が根深いことを物語ってるかもしれませんね。アメリカが非難している中国のウィグル人への差別は別次元の問題として置いておくとして、黒人の方に対しては中国人も黒人もそれほど差別している、されているという感じはそれほど無いと思います。今回は中国のあるマクドナルド店舗があまり考えずに「黒人の人達は来てもらわない方がいいよね」と安直に対応しちゃった感もありますね。ということで今回の件はアメリカの黒人差別とは根本的に違うと思います。USA TODAYに限らず英語新聞はほとんど今まで読んだことありませんが、 どちらというと大衆向けなのでこういったセンセーショナルな記事になるのかもしれません。日本でもそうですが、新聞記事はその会社がリベラルなのか、保守なのかなどある程度理解しておくと裏にあるメッセージもなんとなくわかるかもしれませんね。

ちょっと本題からは脱線しますが、私が中国に留学していた30年ほど前はアフリカの方が中国に理系の勉強(電子工学など)のために多く留学されていました。ほぼエリートの方たちでした。また、北朝鮮の方々や韓国の方、アメリカ人、ヨーロッパ人もいてある意味アメリカにいたときよりも刺激的でした。もちろんみなさん個人的にはとてもよい人達でしたね。少なくともあの時はこんな中で中国人の人から人種差別的な話題を聞いた経験はありませんね。私が出会ったアメリカ人の知り合いや会社の人も含めては人種差別をするような人たちではありませんでしたが。アメリカにいたときは、結構「おお、これが人種的に差別されるということなんだ」と感じたことは時々ありましたが。

 

以上、「中国マクドナルドの黒人差別?」でした。