グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

誰にでもできる人生設計の始め方 ”Design Your Life” 

こんにちは。今日は”Design Your Life” という人生設計のための動画を紹介したいと思います。ModernHealthMonkというハンドルネームで活動されているコーチング系の方ですね。

今回この動画をお勧めしたい理由は人生設計を考えるすぐに直面する問題である「ではどう取り掛かればいいのか?」についてついて簡単かつ具体的に紹介してある点です。 いろいろなモチベーション系の動画でパッションの大切さは謳われていますが、どう始めるかはあまり具体的には紹介されていませんね。向上心はあるが「まずなにかを始めたい」、「何かを始めてもどうもパッションを感じない」、「なかなか続かない」という方にお勧めです。

今回は動画に沿って説明するより、まずはプロセスやテクニックの概要、使える英語を私の気づきとともにコンパクトに紹介したいと思います。

まずは下記の3つのプロセスとそれぞれのテクニック、ツールから成り立っています。この動画ではプロセスやテクニックの階層のまとまりが掴みずらく、同じようなテクニック、ツールもある為、効果的なものを抜き出しました。

  1. The Design (自分のビジョン、やりたいことを見つける)
    • テクニック:あなたに今後5年で起こって欲しい最も素晴らしいことを書き出す
    • ツール:Yealy envisioning  process, a pocket journal, Evernote
  2. The Habit (作業を習慣化する)
    • テクニック:ゴールを設定し、それぞれのゴールに対し3つの習慣を作る
    • Weekly Scorecard
  3. The Follow Through(最後までやり遂げる)
    • テクニック:正しい方向に向かっているかをチェックする
    • ツール:Mastermind(マスターマインド

www.youtube.com

ではもう少しそれぞれについて具体的に解説をしていきたいと思います。

 The Design(自分のビジョン、やりたいことを見つける)

ここで大事なのは単に欲望を書き出すのではなくて意識的に自分なりのVisionを書き出すということが大事となります。”I always make sure I’m consciously creating even it is just my thought.”。”I always make sure I’m ~”という言い方はいろいろな場面で使えそうですね。また、この時に制限や条件を設けないことも大事といっていますね。

使うツールはどれもノートに書いておく作業ですが、まず ”Yealy envisioning  proces” です。この1年の間に起きる最もエキサイティングなことを条件や現実性を度外視して”envision”(思い描く)し、書き出し、毎日レビューするためのツール(ノート、紙)です。また “ a pocket journal” は小さいポケットノートを携帯し、自分の考えに影響を与える “intuitive”(直感的な)なアディアをメモっておくツール(ノート)です。Evernoteはオンライン上で使用できるノートツールですね。こうすることで自分の頭の中に自分のビジョン、アイデアを意識的に書き出し、自分のビジョンを形成すると言うことが目的ですね。

Habit(作業を習慣化する)

次はやりたいことを行うために実際に何をするか、そしてそのアクションをどう習慣化するかを説明しています。彼のオススメは “break down into daily habit”、「毎日の習慣に落とし込む」ということですね。1つのゴールについて3つの習慣を設定することをおすすめしています。習慣化の良い点は「今日はなにをしよう?」とあれこれ悩むことがなくなることです。ただし漫然とした習慣化を避ける為にも習慣とその効果のレビューが必要になりますね。

Follow Through(最後までやり遂げる)

これは習慣化したアクションがきちんとできているか、また自分の直感に従って正しい行動が取れているかということですね。ツールとしてはウィークリースコアカードで習慣化したアクションがとれているか、また自分の直感に従ってきちんと行動が取れているかを確認します。ここで「(正しい方向性でなないような気がして)もし何かおかしいなと感じた時」という意味で “ I feel like if something does not feel right”と言っています。 “I feel like~”は「~の気がする」でよく使いますね。

彼はここでも “Masermind Weekly Journal” というノートに計画通りに進んでいるか書き込み、それをマスターマインドで報告をしているようです。マスターマインドというツールについては私も初めて聞きましたが日本でも多少紹介されているようですね。同じような目的を持った人達がオンライン上で集まって自分の目標や進捗を報告し合う集まりのようですね。

人生設計のテクニック、ツールまとめ

以上、この動画の人生設計のテクニックおよびツールについて紹介をしましたが、彼のポイントは直感を大事にし、意識的に考えたビジョン、ゴールを設定し、自分が “stay on track”(道を外れていないか)をフォローアップしながら自分の求める人生を設計することになりますね。また、このプロセスを続ける過程で自分の直感やビジョンが徐々に明確になっていき、行動も具体的になっていくと思います。ツールについてはやはりハード、ソフトどちらでもいいのでノートに書き留めることが大事になりますね。彼はノートもいろいろな目的別に使っているようですが、最初はできるだけツールを絞ったほうがよさそうですね。

私達でもできる「人生設計」

ただ人に勧めるのは簡単ですが、私がこの動画のプロセスに近いことで実際に行っていことを簡単に紹介したいと思います。ビジョンについてはまさににこのブログを始めたきっかけですが、5年後には自分がある程度グローバルな人材として自信をもって仕事ができ、自分で時間をある程度コントロールできるような環境にいたい、というとこから始まっています。そしてグローバルな思考を持ち、人生やビジネスで楽しく生きることがビジョンになります。目標としての「今年1年で起こるだろう一番素晴らしい事」はこのブログを始めれたことでしょうか。習慣としてはブログのネタになるこのような動画を見たり、情報収集をしながら自分の思考や人生へのアプローチの整理をすることにしています。原則日替わりテーマを決めて英語の日、リベラルアーツの日、あえて全然興味のない情報に触れる日などを作り情報収集をしています。フォロースルーについてはジャーナルというよりは簡単な日記のようなものをつけて時々振り返っていますが、まだこれといったアクションはできてないですね。マスターマインドは敷居が高そうですが、いいツールだと思います。他者へ共有することで自分自身に対し実行する責任が発生しますので、より良い人生を求めるのは自分に対する責務であることを再認識できると思います。まずは自分1人でマスターマインドをするのもいいかなと思っています。彼も最後に “ I can always conciously articulate the next move, ...made the big difference for me”と普通の学生、人間だった自分がここまでこれたと言っています。”consciously articulate" (意識的に明確にする)は大事な言葉ですね。


最後に動画のメインの話が終わってからマイナスイオンを出して疲れや精神を休める ”パワーパッド” と言う商品が紹介されていますが、ちょっといかがわしさもあります。みなさん国を問わずやはり疲れているのかもしれません。好きなことは疲れにくいので、少しでも人生にその割合を増やしたいものですね。

 

以上、誰にでもできる人生設計の始め方 ”Desgin Your Life” でした。