グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

英語で響いてくる「成功の為のマインドセット」

今回はモチベーションを上げるために最も必要なテクニックの一つであるマインドセットついて  “WHO DO YOU WANT TO BE?” という動画を紹介したいと思います。マインドセットは非常に強力かつ重要なテクニックですね。いくらモチベーションビデオを見たりキャリアカウンセリングを受けたりしてもマインドセットがきちんとできていないとそれらの効果も十分に発揮できないと思われます。

この動画自体は150万回以上再生されているモチベーションメッセージを集めた編集動画ですが、内容的にはマインドセットに関するメッセージが多いので、マインドセットの基本的な考え方として紹介したいと思います。何か始めよう、なんとか現状を打破したい、と思っている方にお勧めです。動画自体はメッセージのエッセンス部分のみ編集してありますが、さらに私の独断で重要かつ英語が簡単なメッセージを選んで紹介しています。各メッセージ分単位での頭出しの時間もいれました。動画は10分程度ですが、記事に書いた英文メッセージを見るだけでも効果があると思います。

WHO DO YOU WANT TO BE? - Best Motivational Video for Students & Success in Life

www.youtube.com

 マインドセットの為のシンプルなメッセージ

では主なメッセージを紹介していきます。

0:00 “If you want life to change you got to change.”

「人生を変えたければあなたが変わる必要がある」

Tony Robbinsというライフコーチの有名な方ですね、モチベーション動画でよく登場します。ライフコーチには見えない容貌と声ですが、体育会系なたたみかける話し方が切迫感があり、迫力があります。

2:00 “Go through life holding back…, if we ask ourselves have we done  all we can do, most of us will have to answer no we haven’t.”

「人生をためらいながら過ごしている。やるべきことをやったかと自分に問えば、多くの人はやっていないと答えるだろう。」

”hold back”は「ためらる、控える」です。我々も気付かないフリしていますが、なかなか厳しいコメントですね。

3:00 “I was hoping that economy would change,..., I was hoping my company would change,...,  Here is what I found out. It is not going to change.  When you change, everything will change for you.”

「経済がよくなれば・・・、会社がよくなれば・・・、と思っていたが、何も変わらないとわかった。あなたが変わっいけば、全てうまくいくようになる。」

他責、他力本願では何も変わらないですね。

5:00 “Welcome all experience. You never know which one is going to turn everything.”

「全ての経験を歓迎すべき、それが全てを変えることになるかもしれない。」

どんな失敗や嫌なことでも学ぶことのできる部分はありますね。どのような態度で取り組むかで結果も大きく違ってくると思います。

6:00 “Change your thought, change your life.”

「考え方を変えるということは人生を変えていること。」

7:00 “all of your life is controlled by decisions you make….  80% of success is psychology.”

「あなたの人生はあなたの決定によって決められている、成功の8割は心理的なものだ」

自分の気持ちが「硬直マインドセット」、つまり「どうせだめだし、めんどくさい」から始まっているとマズイですね。マインドセットは「考え方」なので、もちろん悪影響を及ぼすマインドセットもあります。

8:00 “You gotta be hungry!  It’s better to  be prepared for an opportunity.”

「ハングリーである必要がある!機会に対して準備しておく必要がある」

“If you do what is easy, your life will be hard, but if you do what is hard, your life will be easy.”

「簡単なことをすれば人生は困難になり、困難なことをすれば人生は楽になる。」

このメッセージは別の記事「自分が変わるための早起きの勧め」でも取り上げましたが、リスクを取らないと何事も思うようにはいかないようですね。リスクと言っても、ちょっとしたリスクから始めることもできると思います。

成長マインドセットと硬直マインドセット

さて、いかがでしたでしょうか。どのメッセージも一言で言うとまず「自分が変わる、自分に変える責任がある」に尽きますね。「どう変わる必要があるか?」という点については人それぞれですので、それこそ自分で考える必要があると思いますが、「今の自分の考え方、見方は変える必要があるかも?」と認識することからすべては始まる気がします。

よく言われる簡単な例で言えば「会社がいまいちだからうまくいかない」という硬直マインドと「会社が給料を払ってくれて学ぶ機会を与えてくれている」の成長マインドセットの違いですね。時代が悪い、親が悪い、上司が悪い、部下が悪いというのも同じで、それなりの理由はあるとはお思いますが、それは野党マインド、クレーマーマインドで、結局何も変らず文句を言うスキルだけが上達しちゃいます。よって成長するためには考え方を今すぐにでもリフレーム、再構築する必要があります。ただ、よく聞くポジティブシンキングとは違い、なんでもかんでも無条件でポジティブに考えるのではなく、どんな状況にも価値を見出すという考え方、姿勢がマインドセットの考え方に近いと思います。

では私はどうか?と問われれば「うーん、できるだけ成長マインドで考えるようにしています!」と答えるしかありません(笑)。なかなか難しいですが、この「なかなか難しい」が先に出てくるあたりまだまだ未熟です。ただ、マインドセットを意識するようになってから何年か立ちましたが、結構気持ちは楽になり、建設的に生きていけているような気はします。マインドセットが無かったらブログも書いていないと思います。次回はもう少し具体的なマインドセットについての動画を紹介したいと思います。