グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

英語は本当に必要?-究極は二択

ビジネスパーソンに本当に英語は必要でしょうか?多くの人は「まあそれほど機会もないけど、話せないより話せたほうがいいかも」という方が多いかもしれません。このブログでは英語力をロコグローバル人材になるため必要なスキルと定義していますが、「話せたほうがいいかも」思うのであれば、ある程度はそのような環境に身を置いているわけですので、二択しかないです。「英語は無視してもっと必要な他の事に時間を使う」か、「置かれている環境に必要な英語をマスターする」かの二つです。中途半端な勉強の仕方ですと思わぬチャンスを逃しまう可能性があります。

私の周りを見てみても、国内企業に勤める多くの人々は海外に出張する機会があったり、海外からのお客を迎える機会があったりします。このことからもかなりの確率で何らかの形で英語と関わることが多くなってますし、今後もその傾向は加速していくことは間違いないですね。

また、今後どのような人材マーケットでチャンスがあるかを考える必要もあります。人口が減少する日本市場のみを相手にするか、世界の市場を相手にするかです。東京で職を探すか、地方の田舎で仕事を探すかの違いに近いですね。

英語が必要な職種-差別化スキル

もちろん「置かれている環境に必要な英語は先ずマスターする」ということは、実務レベルで日常的に必要としていないが、高度な英語のスキルを目指すということではありません。あくまで「ちょっとした差別化がチャンスを開く」ことがポイントです。おそらく「ふつううの人達」はそれほど突出したスキルがあるわけでもないので、「自分の同じような環境のその他のふつう人たち」が多く存在します。ここでほんのちょっとの差別化がチャンスを引き寄せます。私の勤める会社でも昇進したり新しいチャンスのあるポジションに移動できる人は、まず有能であることが大前提ですが、次に英語ができる人が多いです。この点から今回はどのような職種で英語が必要か、また、英語を差別化スキルとして身につけるための小さいが大きい一歩について考えてみました。

営業と英語

営業スキルで差をつけるのであれば、英語のスキルは役立つでしょう。営業は主に国内のお客さんが相手なので、英語スキルは必要はありませんが、外資系の場合は会議・製品の資料や情報・全社へのメール等は英語がメインです。また、外資系・国内系にかかわらず営業成績が優秀な人々は、海外へ研修・視察に行ったり、海外からの来訪者を客さんへ案内したり、英語で自己紹介したりする機会も多いですね。さらに英語ができればマーケティングや営業管理系のポジションに異動、転職し、スキルアップの可能性も広がります。営業で優秀な人達がいざ海外のトップの人たちと話す時に、いつもの自信が感じられず、挨拶だけでなり自身なさげにしているのを見るともったいないと思ってしまいます。営業さんはコミュニケーションが高い方が多いので、実際しゃべりという面ではかなりのアドバンテージがあります。結果として英語を喋れるようになるのも早いはずです。このことからも営業のスキルというよりもビジネススキルとして英語の必要性は強調しておきたいですね。

事務系と英語

事務の場合は海外とやりとりするのであれば英語は必須です。私の会社も7、8年前は管理職でも英語が全く話せない人も多くいましたが、今では英語ができないと管理職には100%なれません。ただ、事務的な話はほぼ使う言葉が決まっていますし、一般職レベルであれば複雑なコミュニケーションは必要がありません。仕事を理解しており、専門用語や業務のプロセス、KPI などが英語で説明できれば、ほとんどの場合は言いたいことは伝わります。ただ、管理職レベルでは相手を説得したり言い訳をしたりすることも多いので、ある程度の英語スキルは必要ですが、これもワンパターンな型を覚えれば大丈夫です。

一般従業員と英語

私が勤務する会社では採用時に一般職員でもある程度の英語力を条件としていますが、

都市圏にある会社ではないので、仕事のスキルレベルと英語のレベルのバランスがネックになります。英語だけ喋れてもビジネス経験が足りなかったり、ビジネス経験は十分にあるが英語は喋れなかったりします。ということはある程度の英語ができれば差別化ができるということになります。 TOEIC の点数があれば良いということではなく、ポジションに応じた実践的英語が使える必要があります。

結果的に採用においては一般職員であればどうしてもビジネス経験を優先することになります。次に問題なってくるのはキャリア開発です。仕事の経験が豊富にあっても英語を実践的に勉強しない限り、管理職やスペシャリストになることは難しいという問題が出てきます。

多くの人は真面目に英語を勉強をしてはいるが、どうしても中途半端になりがちで、いざ英語スキル求められている時になっても、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。

はじまりの英語-まずは口に出すことから

ではどうすれば「置かれている環境に必要な英語」をマスターできるのでしょうか。ビジネスという現場での英語レベル・学習の実態から考えてみます。

英語レベルの実態

外資系といっても中小では実際に英語ができる人は限られてきます。英語のスキルといえばやはりマーケティングが帰国子女、海外留学経験者が多く、一番英語ができます。次は財務・人事などの管理系や品質関係、その次がその他の事務系、一番話せないのは現場営業系となります。

英語学習のハードル

英語の一番のハードルはとにかく口に出せないことですね。

例えば海外からお客が来たり、出張に行ったりする時についつい「英語で気の利いたことは言えないなー、今回はおとなしくして、黙っていよう。今度こそ英語が話せるように勉強して次回話そう」と思う人は多いと思います、日本人によく見られる「まちがったら恥ずかしい」と「やるからにはきちんとやりたい」面が裏目に出るケースですね。しかしこのような思考回路だといつまでたっても英語は話せるようにはなりません。

はじめの一歩

とにかく英語を口に出して、喉のつっかえを取り、苦手意識を克服することポイントです。何事も練習や学習は最初の出だしがかなりキツイですが、そこを超えると学習曲線も急激に上昇します。

このブログでもいくつか英語学習に関する記事を書いていますが、すぐにでもオンライン英会話教室を始める、有志で英語勉強会を開くなど、とにかく英語を使ってみることがだいじですね。

最初は超基本でOK-違和感を拭い去る

最近私は社内でボランティア英会話講座を始めました。その中から超基本なビジネス英会話を簡単に紹介したいと思います。「こんな簡単な事すぐ話せる」と思っても、いざ相手と話そうと思うとなかなかスムーズにはいきません。参考にしていただけれ幸いです。 

自己紹介

実際に声をきちんと出してにっこり自信を持って挨拶できることが大事ですね。名前を伝えるときは “My name is ~” ではなく “I’m~” で始めるのが自然ですね。部署や会社名は ”from” で説明します。ポジションを単発で伝え、責任範囲を ”be in charge of” 、“be resoponsible for”、 “lead”(率いている)等を使い説明できるといいですね。また日本語の名前は発音しにくいので、「ニックネームで呼んでください」と伝えておくと覚えてもらいやすいです。

  • I’m Ryosuke Tanaka  from the sales division. 「セールス部門の田中一郎です」
  • I’m in charge of sales and promotion for Product A. 「製品Aのセールスとプロモーションをたんとしてます」
  • Please call me Ryo. 「Ryoと呼んでください」

自分の仕事の概要やKPI

ちょっとした仕事の概容やKPI(Key Perfomance Indicator, 重要業績評価指標)などを説明できればぐっと距離が近くなります。「何年働いているか」は定番で ”have been working” で年数をプラスすればOKです。KPIの説明では数字の読み方も押さえておきましょう。10,000は ”ten thousand”、英語は1,000単位の区切りです。外貨、特にドルへの換算(一億円≒1M dolloar)も覚えておきましょう。 “per day, per month” など頻度の追加も大事です。他には「詳しくは何をしていますか?」と聞かれることも多いですが、この質問は ”What do you do?” と聞かれることが多いので、「今何をやっているか」ではなく「もう少し具体的な仕事の内容は?」と覚えておきましょう。

  • I have been working here about 10 years. 「この会社で10年働いています」
  • We ship about 10,000 Product A per day. 「商品Aを毎日10,000個出荷しています」
  • So what do you exactly do at work? 「具体的には何をされてますか?」
  • What are you in charge of at work? 「具体的にはどのようなお仕事ですか?」

 

www.beglobalperson.com

 最後にとにかく下手な英語でもどんどん話すことですね。以上、「英語は本当に必要?-究極は二択」でした。