グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

インターナショナルスクールの理念に見るこれからの人材-お家でできることもある

「インターナショナルスクールの教育」と聞いても多くの人は自分とは全く関係のない教育と思うでしょう。私にも直接的に全く関係ありません笑。特に費用の問題で完全に私の家庭のオプションには入っていません。

 

普通の人の日常と関係のないインターナショナルスクールについて記事を書く理由は、インターナショナルスクールの理念(ミッション、ビジョン、考え方)が私がブログのロゴグローバル人材の理念と「グローバル人材を目指す」点で合致しているからです。インターナショナルスクールに通うつもりはない人でも、今後このような理念をベースに自分自身や子供を教育していく必要があります。今回はインターナショナルスクールの理念(ベースとなる考え方)から世界はどのようなグローバル人材を求めているかを考えてみたいと思います。また、この理念はインターナショナルスクールに通うことなく身につけることができます。

インターナショナルスクールとは

一昔前までのインターナショナルスクールの特徴は授業全てが英語で欧米式の授業が行われる学校という見方でした。日本で働く英語圏の駐在員の子供やお金持ちの日本人の子供が通っているというイメージですね。今でもその傾向は変わりません。

 

ただ、グローバル人材教育の需要も高まり、英語が母国語でない親や子供を対象にした教育を提供するインターナショナルスクールも多く出てきました。英語で授業を受ける学校というよりも、国際的教育を受けるため、国際人になるための学校という色合いが強くなってきました。

 

ただ学費が高いので我々には高嶺の花ですね。広島県にある神石インターナショナルスクールは全寮制のインターナショナル小学校ですが、学費だけで年間460万です(ホームページより:insekikogen.co.jp)。一般的には年間250万程度です。私立の学校と比べても2倍、公立学校と比べても20倍程度の差があります。 

 

なぜ日本人にインターナショナルスクールが必要か? 

なぜこのような金額を払ってまで、子供をインターナショナルスクールへ通わせるのでしょうか?まず現実的に子供の教育への投資は子供の人生を左右する一つの要因だからですね。「子供の教育への投資」は世の中で数多くある投資の中で一番リターンがよいと言われています。より良い教育を求める、またそれに対し、投資のできる人たちはインターナショナルスクールに子供を通わせることになります。ではこのように多くの「グローバル人材」を目指す親たちの関心を引き付けるものはなんでしょうか?それはインターナショナルスクールの理念に表れています。

 

今後はますますグローバル人材への需要が高まることは間違いありません。このブログのテーマでもある「ロコグローバル」の「日本というローカルにいながらグローバル的視野や価値観を持ち、世界で通用する人材を目指す」ことが重要になっています。

インターナショナルスクールの理念や目的、ビジョン、ミッションはインターナショナルスクールのホームページで謳ってあります。どのスクールにも共通する考え方は「よりよい世界を創る人材になるため、グローバルなものの見方、多様な価値観の理解、論理的に考える力、コミュニケーション能力を持つ人材を育てる」ということになります。では、いくつかのスクールのホームページから理念やビジョン・ミッション等を引用します。

 

インターナショナルスクールの理念 

 

神石インターナショナルスクール

f:id:beglobalperson:20210116070040p:plain

OUR VISION

より良い世界の実現のために、積極的に貢献することができる情熱とスキルと人間力をもった人材を育みます。

OUR MISSION

神石インターナショナルスクーでは、世界中から集まった子どもたち一人ひとりの可能性と未来に寄り添いながら、それぞれのコミュニティを尊重すると同時に、学ぶことの喜びに目覚め、尊敬・感謝・誠実さ・自然への敬意という日本の伝統的な価値観を共有し、 生涯にわたるかけがえのない友情を育みます。

OUR CORE AIMS

・論理的な思考力の育成とともに、子どもたちの好奇心を喚起し、知的欲求を満たす様々な学びの機会を提供します

・子どもたちが安心安全に、そして楽しく過ごすことができるコミュニティと環境を提供します

・多様性に関する関心と理解と、それを受け入れる寛容性をもった、高い倫理観と人間力を養います

・人の意見を聞き、また自分の意見をしっかり伝えることができる、相手を尊重すると同時に謙虚さと自負を持った人を育てます

 

アオバジャパン ・インターナショナルスクール

f:id:beglobalperson:20210116070101p:plain

ミッション、ビジョン、理念

ミッションステートメント

アオバジャパン・インターナショナルスクールの学園生活は「コミュニティ精神」に根ざしています。私たちは、グローバルな視座を持ち、思いやりがあり、協力的で、そして学ぶことに深い喜びを感じ、リスクを恐れず新しいことに挑戦し世の中を変えていくことができる生徒を育んでいくことを信条としています。

ビジョン

アオバジャパン・インターナショナルスクールは、学習に適した安全でサポーティブな環境の中、生徒たちに厳しくしっかりとした国際教育を提供する、一流のインターナショナルスクールです。学ぶ者のニーズを支援し、独自のものの見方を歓迎・尊重し、価値観を大事にし、育くんでいきます。生徒ひとりひとりのために将来待ち受けるベストの状況を確保し、成功するため機会を惜しみなく提供します。

理念

アオバジャパン・インターナショナルスクールでは、国際人になるために生徒ひとりひとりの可能性、潜在能力を最大限に引き出すことを重視しています。貪欲に学習し、絶えず変化する世の中において常に意欲的にチャレンジする姿勢を育成します。

 

Nagoya International School

f:id:beglobalperson:20210116070119p:plain

Mission

We inspire and empower our students to think creatively and critically, pursue lifelong learning, and contribute positively to the global community.

Objectives

Each student will…   

Articulate their dreams and creatively engage in activities toward achieving them.   

Demonstrate the confidence and desire to continually question and expand their knowledge, skills, and understanding.

Choose to consistently contribute to their communities.

 

名古屋インターナショナルスクールのホームページは英語版を引用してみました。このスクールでは両親や子供にもスムーズなコミュニケーションができるレベルの英語力が必要です。ちなみに覚えておくほうがいい英単語としては ”empower” 「力を与える・権限を与える」です。ビジネスシーンでは ”empowerment" 「権限委譲」の意味でよく使われます。”articulate” は「明確にする・はっきりと発音する」です。音楽の世界で「アーティキュレーション」としてよく使われますが、「音と音のつながりを強弱や表情をつけてはっきりと表現する」という意味で、コミュニケーションにも繋がる考え方ですね。

 

インターナショナルスクールのメリット

インターナショナルスクール教育のメリットは主に三つあります。一つは英語でのコミュニケーションがうまくできるようになることです。多くのスクールでは英語プログラムも併設しています。二つ目は海外の子供達と触れ合うことで、多様な価値観が身につくことです。世界が学校の中だけですので限りがありますが、子供のうちから色々な価値観を持った人間と触れ合えることは貴重ですね。三つ目は日本の学校のような画一的な教育ではないので、カリキュラムに柔軟性があることです。ディスカッションしたり、課外活動したりなど、多様な学習ができることが魅力的です。これらの学校では日本の高校や大学に進学できるカリキュラムに対応しているところも多いですが、最終的にはほぼ海外の学校に行くような前提でカリキュラムが組まれています。海外進学にはさらにお金がかかりますが、元々お金に余裕がある人たちが行くところなので、海外への進学は想定内というとこでしょう。私の子供はインターナショナルスクールに行けませんが、海外の大学に行って欲しいとも思います。

 

インターナショナルスクールのデメリット

News Picksの「未来の子育て」2019年Vol.3でパックン(パトリック・ハーラン)の子育てに関するインタビュー記事がありました。彼は子供を公立から転校させてインターナショナルスクールに通わせていますが、パックンはデメリットとして高い基礎学力がつかないこと、集団生活力つかないという点をあげています。ただし日本のインターナショナルスクールでもその点はしっかり押さえていいるとこも多いです。イギリスの名門系のインターナショナルスクールでは、厳しいエリート教育が施されています。

 

お家でできるインターナショナルスクール的教育

私がインターナショナルスクール教育について最も興味のある点は「考える力」が身につくことと「多様な価値観が育つ」の二つです。特に「答えのないことを自分で考える」という授業や機会は公立学校や一般的学習塾ではほぼありません。日本全体が画一的な価値観を持っていることはメリットでもありますが、自然と教育も同じような価値観を持った人間を量産してしまうことになります。同じ価値観を持った人間が集まると、その人たちの学力がかなり高くても決断や発想が貧困になることは科学的に証明されています。朝から晩まで盛況な学習塾を見ると子供達の将来に一抹の不安を感じます。

 

ではインターナショナルスクールに通えない人達はどうすればいいでしょうか?英語教育という意味では家庭内で対応するのはちょっと難しいですが、あくまで英語はツールとしての役割が大きいので、そこは外部教育で割り切り、考える力を中心に育てることになります。このことは家庭内でも十分に教育できると思います。 

 

まず大前提として「海外の人間と触れ合わなくてもグローバル人材にはなれる」と考えることです。当ブログの「導く子育て」でも書きましたが、まず親が子供とよく話すことは重要です。自分と違う意見を持つ人の話を聞くことから始めることですね。実際のグローバルな触れ合いとしては、今はちょっと難しいですが、日本語が学びたい外国人の方も多くいるので、国際センタ―のような機関を通し、そのような方と触れ合うことも刺激になります。また、海外の子供の生活が分かるようなYouTubeを一緒に見ることもいいかもしれません。このような家庭内でのコミュニケーションを通していろいろな考え方があると気づくことが最初のステップです。

 

また、コミュニケーションを通して子供に考える習慣をつけることは大事ですね。

ビジネスの世界でも問題解決には「なぜそうなるのか」、「なぜそう思うのか」、「そもそもどういうことなのか」を考えることで問題解決を図る手法が多く存在します。子供から問いかけられる「なぜ?」という問いは往々にして回答をするのが面倒だと思うこともありますが、その一つ一つに対してきちんと回答していくことも大事ですね。

 

このようなアプローチはもちろん子供だけでなく、自分を成長させることもできます。親と子供でよくコミュニケーションを取って、「家族でロゴグローバル」を目指しましょう!

 

www.beglobalperson.com