グローバル人材を目指す英語と思考のブログ

“ふつうの人”とグローバルをつなぐ英語と思考

パレートの法則-必ず役立つビジネススキル

今回は「パレートの法則-必ず役立つビジネススキル」と題してパレートの法則をどうビジネスに役立てるか?というテーマでおおくりします。パレートの法則はイタリアの経済学者 ヴィルフレド・パレートが・・・という話はひとまずおいておいて、シンプルに説明すると「全ての事象においてその2割が8割の結果を生み出している」という統計学から導き出された法則です。よくある例が「全体の商品の2割で8割の売り上げを生み出している」ですね。耳にしたことがある方も多いと思います。

このパレートの法則は「パレート図」というグラフの作成も含め、シンプルで効果の高いビジネスツールです。 このツールを使うことで、ビジネス上の問題解決に応用でき、「パレート的思考法」とも言えるビジネススキルが身に付きます。

このツールのおすすめな点は、すぐに理解できる腹落ちの良いツールであること、視覚的であること、データも簡単に作れることです。特に下記のような方にお勧めのスキル・ツールです。

  • 基本的ビジネススキルのレベルを上げたい人
  • 問題解決の基本となるツールが欲しい人
  • リソース・時間がうまく使いきれてない人
  • ビジネスプレゼンで説得力が欲しい人

パレートの法則が役立つ理由

今回は主にビジネスでのパレートの法則の利用法を紹介します。プライベートでも役立つ法則ですが、この点はまた別の機会に記事にしたいと思います。

ビジネスでは大きい視野で見ると「ヒト・モノ・カネ」、つまり資源の管理に役立ちます。「重要なことに十分な資源が使えているか」は多くの会社が抱えている問題です。部署単位、個人単位でも同じですね。パレートの法則を使えば、この「資源が適正に投入されているか」が客観的にかつ視覚的にわかります。

また、この結果をもとに資源の投入を再考することで、ビジネス戦略の修正、部署の業務運用の見直し、仕事の時間の使い方などを見直す糸口になります。

例えば「うちの部署はみんな頑張っているけどなかなか成績が上がらない」のであれば、もしかすると2割の利益しか生み出していない8割の製品に多くの時間を使っているかもしれません。

パレート分析-手順と切り口が大事

パレート分析では何を分析したいかを決めることが必要で、切り口が大事になってきます。基本的には下記のような手順として進めることよいでしょう。

1.分析したい事象を決める

2.切り口を決める(例:商品と売上、営業時間と売り上げなど)

3.優先順位を決めておく(何が一番価値が高いことか)

4.データを入手する

5.パレート図を作成して、視覚化する

6.視覚化された結果に対し、実際の方針や戦略を確認する

7.結果が方針や戦略とズレがあれば、方針や戦略を見直す

8.「2割を生み出している8割」について、違う切り口で再確認する

このアプローチをビジネスでの様々な場面で繰り返し利用することで、今ある状態を客観的に把握し、進みたい方向に軌道修正する「ナビゲーションスキルが身に付きます。

パレート図で可視化する

パレートの法則のコンセプトをより理解するためにエクセルでパレート図を作ってみましょう。作り方は簡単ですが、プレゼンで利用したりすると効果的す。ちょっとプロフェッショナル感がアップしまし、説得力も出てきます。ちなみにパレート分析は品質管理において「QC7つ道具」の一つで、この図がよくつかわれます。「不具合の8割は2割の原因に起因する」 という前提から視覚的に問題のばらつきを見て、「どの問題から解決するべきか」を決定します。 詳細な作成方法は、画像付き作成方法を記事の最後のセクションで説明してあります。

さて、パレート図ができたとして、このような感じのグラフになったと思います。

f:id:beglobalperson:20210515132216p:plain

二つののデータが異なった棒グラフと折れ線グラフで表示されています。X 軸は商品名、 左のY 軸は売上(金額)、右のY軸は「累積比率」です。「累積比率」は「上位品番からの売上の合計(累積)が全体の売上の何割になっているか」ですね。この場合、商品の1位で全体の4割強、2位品番が全体の2割なので、積み上げると「4割+2割=8割」となり、「上位20%で全体の売上の80%」というパレートの法則の典型的な結果となります。3位以下の商品はどれも売り上げが少ないため、足していっても全体に占める累積比率は大きく変化せず、累積カーブは緩やかになります。 

ビジネスへのアプローチ-ビジネス戦略編

先ほど作った売上を例にとり、この分析結果が会社のビジネスにどのように役に立つかを見ていきましょう。「自分は経営者じゃないから、管理職でもないし、営業やマーケティングではないから」と思うより、大なり小なり会社の方針・戦略について自分なりの意見を持っておかないと、大人なビジネスパーソンとみなされないですね。つまりこのようなアプローチはビジネスパーソンにとって必ず役に立つエクササイズになります。

まず、図に表れている特性を把握しまししょう。

大きく分けて二つのパターンがあります。

一つはパレートの法則通りに上位2割が8割の売り上げを占めている場合です。

もう一つのパターンはロングテール(長いしっぽ)と呼ばれ、パレート図の残りの8割の部分がかなり長くなっている状態です。つまり売り上げの大部分が残りの8割の商品によって構成されているという場合です。 このパターンはネット販売など固定の店舗を持たず、商品数をある意味で無制限に増やせるネットビジネスによく見られます。


大きく分けてこの二つのパターンがあることを認識しておけば、戦略を練るための重要な指標になります。ここから、上位2割の製品群やロングテールの製品群にどのような特徴があるのか?どのような販売戦略が実行されているか?これら商品群の置かれているマーケットの今後のトレンドは?などを考え、自分なりの見解を練っていくことになります。

ビジネスへのアプローチ-実務編

パレート分析はもちろん実務レベルにも役立ちます。

職種に関わらずアプローチは同じとなります。例として切り口を「時間の使い方」とすると、まず自分の使っている時間をカテゴリー分けし、ある程度の期間で数量化(データ化)します。

カテゴリーは営業であれば 顧客訪問、移動時間、資料作成時間、雑務など。事務職であればデータ作成や入力、プロジェクト作業、 定例業務作業、会議などでしょう。またカテゴリーで優先度が判断できるように分類しておくのがコツです。例えば同じ会議でも重要なプロジェクトの会議はプロジェクトグループとして「優先度高」とし、その他の会議は定例会議として「優先度低」と分けておくといいですね。

パレート図を作ってみると、どの作業ににどれくらいの時間を使ってるかが分かります。多く使っている時間が優先的な作業(つまり価値の高い仕事)であれば問題ありませんが、 人から頼まれた作業や雑務が多い場合は、優先度と仕事の見直しが必要になります。

パレートの法則的思考の留意点

比較的腹落ちしやすい法則なので、分析の結果、目からうろこ的な「なるほど、そうだったのか!」という発見もあると思います。しかし全ての事象に必ず当てはまるとは限りません。あくまで事象を客観的に分析する方法と考え、制約事項があることも認識しておく必要があります。主な留意点としては次の2点になります。

1.問題分析は簡単だが実際の対応は複雑

パレート分析を扱った多くのビジネスアプローチでは8割のアウトプットを生み出す2割に集中すべきとあります。これは方針として正しいですが、2割に集中してもうまくいくとは限りません。

例えば私の会社の売り上げと製品の関係も見事に2対8の法則に当てはまります。Top品番郡は利益率も高く、比較的管理が簡単、在庫スペースもあまり取らず優良商材です。ただしこの製品がトッププロモーション製品になることはほとんどありません。 それにはその商品を取り巻くトレンドや製品の特質などいろいろな理由があります。

2.残りの8割の時間、作業の価値について慎重に考える

「2割の結果を生み出している8割の部分」についても要注意です。残りのの8割が必ずしも無駄というわけではありません。逆にそこに可能性が潜んでいる場合もあります。例えば営業でいえば、やり方によっては下位にいる人が劇的に変わる可能性もあります。逆に真ん中の人はそれほど大きな変わり方はしないかもしれません。

また、パレートの法則から派生した「働きアリの法則」は2:6:2の法則とも呼ばれ、蟻のコロニーを観察した結果導き出された「よく働く蟻が2割、普通に働いている蟻が6割、サボっている蟻の2割で構成されている」という法則です。 これもビジネスでよく引き合いに出され「営業部隊は優秀な2割、普通の6割、下位の2割で構成されている」というような場合に使われます。ただし、下位2割の営業を辞めさせても、残った8割がまた2:6:2に分かれてしまいます。

まとめ-解決の糸口として、あとは「考える」

パレートの法則または80対20の法則は多くの事象に当てはまるので、物事を客観的に観察、分析する入り口としては非常に有効なツールです。

また、思考のツールとして身につけることで、優先度、投入リソース、期待できる結果を考えることが習慣化し、ビジネスで問題解決に役立ちます。

ただ、正しい切り口をしっかり把握しておかないと、うまくパレートの法則が適用できず、解決策が導き出せないことになってしまいます。売上なのか、利益率なのか、なにが価値のあることで、なにを観測するかが重要ですね。

「8割のインプットで、2割のアウトプットしか出ない」というショッキングなコンセプトについても、組織や行動には多くの無駄な部分があるということも理解しておく必要があります。生物を例にとっても一見無駄なような機能はたくさんありますが、これが環境が変化した時に発動する機能になっていることもあります。

パレートの法則は何にでも当てはまる魔法の法則ではないので、その制約を正しく理解し、価値・優先度が高いものを見極める糸口と考えることが大事です。パレートの法則、パレート的思考を身に着け、ビジネスシーン、キャリアップでより価値の高い行動、思考を目指しましょう!

パレート図の作り方

エクセルで作成します(下記は。

データはある程度の期間(1年~)の項目と数値データ、例えば商品名と売上のデータがあればOKです。

1.元データの作成

f:id:beglobalperson:20210515133036p:plain

2.計算式を入力する

f:id:beglobalperson:20210515133454p:plain

3.式を下までコピペし、累積比率を出す

f:id:beglobalperson:20210515133908p:plain

4.棒状グラフを作成する

f:id:beglobalperson:20210515134102p:plain

5.”累積比率”を選択する

f:id:beglobalperson:20210515134250p:plain

6.”累積比率”を折れ線グラフにし、第二軸に設定する

f:id:beglobalperson:20210515134619p:plain

7.パレート図の完成

f:id:beglobalperson:20210515134808p:plain

いかがでしたでしょうか?リアルなデータを使わないまでもサンプルでもよいので作成してみると、より理解が深まりますね。

 

以上、「パレートの法則-必ず役立つビジネススキル」でした!